スタイル株式会社は、メーカー、卸、小売のそれぞれの機能とお客さまとを繋ぎ、価値あるファッションアイテムを提案していきます。

【MANNINA】

  • HOME »
  • 【MANNINA】

【マスターライセンスビジネス】

イタリア フィレンツェのShoe Shop“MANNINA”のマスターライセンス権を所有し、ライセンスビジネスを展開しております。
品目はフルアイテム、領域も日本のみならずアジアの広い領域をカバーしており、海外進出のチャンスを広げます。
MANNINA_cs4

長さ調節_CALOGERO_MANNINA_cs4

“MANNINA”のご紹介

全工程を熟練した職人が作り上げるハンド・メイドの名店です。
創業者のカロジェロ・マンニーナ氏は1935年10月にシチリア島の靴職人の家庭に生まれ、8才から靴職人としての技術を祖父に教え込まれた生粋の靴職人です。

1953年フィレンツェ ベッキオ橋、ピッティ宮殿近辺に靴の工房を設立し、1980年に自身のショップをオープン。彼らのハンド・メイドの靴は、伝統のスタイルを守りながら、ハイ・クオリティで独自性があり、世界中にファンを広げています。

日本では各種情報誌に取り上げられ、国内の有名百貨店でも受注会が開催されたこともあり、靴業界・百貨店業界・プレス業界では知れ渡るブランドです。

多くの日本人に愛され、又工房では多くの日本人が、その技術を学び独立しています。
そのクラフトマン・シップを通じて、フィレンツェから、このMANNINAブランドをご提案致します。

Mr. Calogero Mannina History

1935年 Mannina109日 アグリジェント(シシリー)の近く、サンタ・マルゲリータ・ベリスで生まれました。

1943Manninaはわずか8才の時にサンタ・マルゲリータ・ベリスで親方であるビンセンゾ・ペントラとジョゼッペ・ペントラの靴店で仕事を始めました。

1953年 Manninaは同胞の友人と共にフィレンツェのピアッツア・デラ・リベルタに部屋を借り、この友人のおかげでセナシアのカスタム・メードの靴を提供するサラディノ靴店で働きました。

1954年 Manninaは、ボルゴ・ピンティ通りにあるミレンダ靴店に移り働き始めます。この靴店はアメリカ向けに独占的に非常に高い品質の靴を生産していました。Manninaはそこでアメリカのシューズの型、サイズ、好みを学び、その後フィレンツェにあるアメリカの輸入業者、ゴールデンステイン氏により仕事の能力が認められました。

毎日働きに行くアルファニ通りで、後で妻となる女性と出会います。彼女の家族は靴工房を営んでおり、後にバルバドリ通りに新しいお店を開店しました。Manninaは彼女の家族が営む新しい店を訪ね、新しい店が工房を残すことを知り、250,000リラを支払って、それを引継ぐことを決心しました。

1958年 Manninaは独学で買取った工房の経営を始めました。一人の学生の依頼からスタートした牛革のサンダルが大ヒット。この数年で、彼は世界の演劇界の人々の間で有名になりました。

1959Manninaの活動は輸出品により発展し、スタッフの雇用を始めました。

1965Manninaは市場拡大の為、ドイツでファッション・ショーに参加します。

1966年 フィレンツェのアルノ川が決壊し、Manninaの工房はその洪水で損壊し全ての素材が失われましたが、彼は工房を再稼働します。

1970年 Mannina1923年から続くフィレンツェの職人たちによる国際的行事である技術展示会に参加しました。同じ年に2番目の工房をラマジリアンティ通りに開き、5人の従業員を雇いました。

1980年 Manninaはグッチヤルディーニ通りに工房と店を開きました。数年の後、多くの外国人観光客が増加し、カスタム・メードの靴をオーダーするようになりました。それと共に、彼の名声が世界中に広まります。彼は偶然、有名な日本人ジャーナリストである松山猛氏と出会い、雑誌「ブルータス」にManninaブランドが掲載され、その後、日本への輸出を開始します。また、韓国の有名女優であるHan Ji Hyeから連絡が入り、韓国と中国での市場を紹介されました。

1986年 この年から数回、新宿の有名百貨店で、靴づくりの実演とカスタム・メードの受注会を開催しました。

2003年 東京、京都、名古屋の有名百貨店で靴づくりの実演とカスタム・メードの受注会を開催しました。

これらの出来事の期間に、Manninaは数多くの日本人プレス関係者の訪問取材を受け、多数の賞賛を得ました。また、他国をはじめ、多くの日本人職人を受入、その製造工程を伝授し独立させています。

受賞経歴

1973年 Fiera Campionaria(フィレンツェの展示会協会による特別賞)

1976年 Stival d’Oro(ジョルジョ・アルマーニ氏にも贈られた金の長靴賞)

1978年 Diploma of seniority artisan by confartigianato di Firenze

    (職人起業家により組織化された連合組合より賞を受賞)Masterの称号を得る。

1994年 Diploma of traditional workshop by confartigianato 

   さらに2度のFiorino d’Oro を受賞。

この3度にわたる受賞は稀少となっています。

Instagram
https://www.instagram.com/manninafirenze/?hl=ja

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © スタイル株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.